タグ別アーカイブ: 証券会社

特定口座と一般口座の違いとは?

これから株式投資を始めようという方は、まず最初に口座開設の申し込みを行います。そこで、「特定口座」と「一般口座」と選択することになります。説明書きがあっても、なかなか難しい言葉ですよね。

株式投資では、利益が出た場合には利益に対して税金が掛かります。その税金を、会社の給料のように源泉徴収してくれる制度です。少し簡単な説明過ぎるので、特定口座の詳しい説明をします。

例を挙げると、株式投資で10万円の売却益が出たとします。しかし、この10万円には税金が掛かるのです。この時に特定口座を開設しておくと、証券会社が源泉徴収をしてくれるのです。そこで心配になるのが、損をした場合ですよね。損をしたのに税金を引かれたりするのでは、と考えてしまいますが、その心配はありません。損をした場合にはもちろん税金を引かれることはありません。

さらに、特定口座には便利な機能があるのです。それは、最初に10万円の利益が出た後に、5万円の損が出てしまった場合などです。この場合は、10万円の利益が出た時点で源泉徴収されますが、その後の5万円の損失が出た時点で、年間の利益額を再計算して、源泉徴収した余分な金額を返してくれるのです。これが損を重ねて年間トータルでマイナスになってしまうと、源泉徴収されたものも全額口座に戻ります。こういった事態はまったくうれしくありませんが、税金を引かれっぱなしということはありませんので、安心ですね。もちろん、最初に損をした後に利益が出ている場合は、年間でプラスになってから源泉徴収が始まります。

一般口座は、すべての取引を自分で把握し、自分で年間の損益を出して確定申告することになります。問題があるわけではありませんが、非常に面倒な作業です。年間の取引が少ない方は可能ですが、多い方は特定口座の開設をおすすめします。

証券会社のアラートサービス

証券会社ではネット口座を開設した利用者に対して、指定した銘柄のアラートサービスを提供するようになっています。証券会社のアラート機能では、指定した銘柄の条件設定をすることで、条件に達した時にメールで知らせてくれる仕組みがあります。そのため、投資家はアラート機能によって、素早く投資機会を捉えることが可能になってきます。

個人投資家では日頃から注目している株式が10銘柄や20銘柄など、多く存在している場合があります。しかし、多くの銘柄の株価を常に監視しておくことは難しい状況があります。しかし、個人投資家としては、特定の銘柄の株価がいくら以下になったら買いたいという購入条件を持っている場合が出ています。そうした購入条件をアラート機能に登録しておくことによって、条件に到達した時にはメールですぐに気が付くことができます。すぐに気が付くことができれば、指定した銘柄を希望の株価で購入することが可能となります。

また、アラート機能では指定した銘柄の株価が、一定の金額以上になった時にメールで知らせることもできます。そのため、直近の高値を超えてきた場合にアラートの条件設定しておき、高値を超えたら株式を購入するといった使い方が可能となってきます。企業の株価は前の高値を超えると、株価が上へ跳ねることが起こり得るからです。さらに企業の株価が移動平均線を超える段階で、アラートを条件設定しておく方法も挙げられます。条件設定としては5日移動平均線や25日移動平均線、75日移動平均線を超える株価で設定しておくと、良いタイミングで株式を購入することができるようになります。

このように証券会社のアラート機能を上手く使うと、多くの銘柄に関心があっても投資機会を逃すことがなくなります。

続いて投資顧問に関して記載しておきます。投資顧問を選ぶ際には、投資顧問の評判・評価をチェックすることを忘れないようにしましょう。

複数の証券口座を持つメリットとデメリット

日本には非常に多くの証券会社が存在しており、口座の管理費用がかからないといったところが大半となっています。そのため個人投資家がひとりで複数の証券会社に口座を持つことが容易に可能となっているのですが、口座が多いことで生じるメリットとデメリットがあるため知識として覚えておくことが大切だと言えます。

まず複数の証券会社で口座開設を行なうメリットとしては、取引スタイルに応じて売買注文を出す証券会社を変えられるという点が挙げられます。たとえば確実にこの銘柄を購入しようと決めている場合やデイトレード方式で短期的に株の売買を行う場合などにはネット証券の口座を使い、どの銘柄を購入するか誰かと相談しながら決めたい場合や長期的に株のホールドを行いたい場合などには店舗型の口座を使うなどといった、使い分けが可能となるのです。口座の使い分けを行なえば売買手数料の節約に繋がるため、結果として株の売買で得る利益の増加に繋がるという認識を持っておいてください。

デメリットとしては各口座にお金を振り込まなければ株の取引が行なえないため、資産の分散を余儀なくされるということです。銀行口座から自動的に株取引に掛かった料金が引き落とされるといったネット証券会社も存在していますが、基本的には株取引にかかる費用は口座開設をした後で投資家が振り込まなければならないため、開設した口座が多ければ多いほどその手間の数も増えるという結果に繋がります。口座の数が多いことで、どの証券会社でどの銘柄を現在保持しているのかが理解しきれなくなってしまう可能性というのもあります。

証券会社の口座は複数持っておくことが望ましいものの、数に開く必要はないのだと認識しておいてください。

証券会社のトレードツール

証券会社で口座を開設すると、その証券会社が提供しているトレードツールを提供することが出来ます。証券会社が提供するトレードツールは、他の会社とのサービスに大きな差をつけるために非常に重要なものであるため、こうしたツールに力を入れている会社も少なくありません。

こうしたトレードツールで最も多いタイプは、取引と銘柄の分析を同時にすることができるツールです。つまり、チャート機能が備え付けられているトレードツールが最も高い人気を集めています。基本的に、株取引をする時にはチャートによる銘柄のテクニカル分析が不可欠になります。株取引における相場の変動は不規則に行われているわけではなく、様々な経済的な要因や社会的な情勢によって規則的に変化していることがほとんどです。

こうした変化は短期的、または長期的な分析によって容易に見つけ出すことができるので、それを実践することが可能なチャートは非常に大切なのです。証券会社によっては、利用できるチャートの機能の中に様々な分析ツールを組み込んでいるところもあります。

一般的に、チャートを分析するためにはそれを詳細にグラフ化して視覚化して判断する必要がありますので、それをするための指標のようなものを導入しなくてはいけません。この指標に関しては個人で自由に決めることができるものもありますが、初心者にとってはどれが使いやすい指標なのかわからない場合が多いのであらかじめ利用頻度の高いものを組み込んでおいてそれを使いやすくしている会社もあります。

証券会社は、特に手数料や信用取引、そしてトレードツールと他の会社と比較してより良いものを提供しようと努力していますのでこうした点から良し悪しを考えることが重要です。

証券会社の売買手数料の違い

個人投資家が株の売買を行なう際には、株の買い注文や売り注文を出す証券会社に対して売買手数料を支払う必要が生じます。株の購入金額や売却金額によって売買手数料は同じ証券会社でも異なるのですが、証券会社ごとに手数料の金額は設定されていることから、同じ株取引を行うにしても仲介を頼む証券会社を変えるだけで最終的な株取引にかかるコストも変わってくるのだということを、個人投資における基本的な知識として覚えておくといいでしょう。

証券会社の売買手数料は対面式証券なのかネット証券なのかによってかなりの違いがあると言えます。対面式の場合最も安い売買手数料でも数千円取られることが多いのですが、ネット証券の場合最安値なら数百円で済むため、一般的にはネット証券のほうが安い売買手数料で株取引が行なえるとされています。一日に何度も株取引を行なうといった方の場合、売買手数料の金額を抑えたほうが利益も増えるため、ほとんどのデイトレーダーがネット証券を利用しているといった傾向があるのです。

逆に対面式の証券会社は売買手数料が高い反面、所有している株に関する株価の下落や見通しを教えてもらえたり、今後値上がりが期待される銘柄の紹介などを行ってもらえます。中長期的に同じ株を保持して資産形成を図りたいという、長期投資型の個人株主にとって便利だと言えるでしょう。

株を購入する際には必ず売買手数料を支払う必要があるため、手数料の総額を上回るだけの利益が出て初めて売却を行うのが好ましいといったイメージを持っておくことが大切だと言えます。売買に5000円の手数料がかかるのに4000円分の株価の上昇で株を手放したら、結果として損をしてしまうということなので気をつけておいてください。

さて、どの株を購入して良いのかわからない?という方は、投資顧問に関する口コミをチェックして、ご自身にマッチングした投資顧問を頼ってみましょう。

証券会社選ぶポイント

手数料やトレードツール、情報の多さなど証券会社を選ぶポイントは様々だと言えます。たとえば手数料で言えば実店舗型の証券会社よりネット証券のほうが圧倒的に手数料が安いためデイトレーダーには向いていますが、自身で株の情報を集めるのではなく専門家に情報提供をお願いしたいといった方は実店舗型のほうが無難だと言えるのです。

ネット証券の場合トレードツールも証券会社を選ぶポイントとしては外せません。実際に利用してみて最も売買が行ないやすいと感じるトレードツールを提供しているところを選択するだけで、株取引を行う際に生じるストレスの緩和に役立つからです。

他にも一部上場企業の分析ができるサービスを提供しているところやリアルタイムの株価のお知らせサービスをスマートフォンのアプリなどで提供しているところ、新規公開株の取り扱いが他社より多いところなど、証券会社を選ぶポイントは多岐に亘ると言えるので、手数料だけとトレードツールだけに目を奪われずに総合的に利用しやすそうなところを選ぶのが大切だと言えます。証券会社の場合実際に利用してみるまでその良し悪しが分かりにくいといった面もありますので、口座開設や口座維持にお金がかからない証券会社を何社か利用した上で取引を集中的に行なうところを決めるのも悪い選択肢ではないと考えておいてください。

最終的にはネット証券も実店舗型の会社も2社か3社程度の口座を維持しておくことが好ましいのですが、インターネット上に存在している証券会社のランキングサイトを見て自身が特に注視すべきポイントを抑えている証券会社を選ぶのも賢い選択だと言えます。複数のポイントの中でも特に譲れない部分を予め定めておくと、口座開設がスムーズにいくため記憶しておくといいでしょう。

証券会社だけではなく、投資のアドバイザーである投資顧問を活用するのもありかもしれませんね。
>>> 投資顧問とは?