タグ別アーカイブ: 口座開設

複数の証券口座を持つメリットとデメリット

日本には非常に多くの証券会社が存在しており、口座の管理費用がかからないといったところが大半となっています。そのため個人投資家がひとりで複数の証券会社に口座を持つことが容易に可能となっているのですが、口座が多いことで生じるメリットとデメリットがあるため知識として覚えておくことが大切だと言えます。

まず複数の証券会社で口座開設を行なうメリットとしては、取引スタイルに応じて売買注文を出す証券会社を変えられるという点が挙げられます。たとえば確実にこの銘柄を購入しようと決めている場合やデイトレード方式で短期的に株の売買を行う場合などにはネット証券の口座を使い、どの銘柄を購入するか誰かと相談しながら決めたい場合や長期的に株のホールドを行いたい場合などには店舗型の口座を使うなどといった、使い分けが可能となるのです。口座の使い分けを行なえば売買手数料の節約に繋がるため、結果として株の売買で得る利益の増加に繋がるという認識を持っておいてください。

デメリットとしては各口座にお金を振り込まなければ株の取引が行なえないため、資産の分散を余儀なくされるということです。銀行口座から自動的に株取引に掛かった料金が引き落とされるといったネット証券会社も存在していますが、基本的には株取引にかかる費用は口座開設をした後で投資家が振り込まなければならないため、開設した口座が多ければ多いほどその手間の数も増えるという結果に繋がります。口座の数が多いことで、どの証券会社でどの銘柄を現在保持しているのかが理解しきれなくなってしまう可能性というのもあります。

証券会社の口座は複数持っておくことが望ましいものの、数に開く必要はないのだと認識しておいてください。

証券会社選ぶポイント

手数料やトレードツール、情報の多さなど証券会社を選ぶポイントは様々だと言えます。たとえば手数料で言えば実店舗型の証券会社よりネット証券のほうが圧倒的に手数料が安いためデイトレーダーには向いていますが、自身で株の情報を集めるのではなく専門家に情報提供をお願いしたいといった方は実店舗型のほうが無難だと言えるのです。

ネット証券の場合トレードツールも証券会社を選ぶポイントとしては外せません。実際に利用してみて最も売買が行ないやすいと感じるトレードツールを提供しているところを選択するだけで、株取引を行う際に生じるストレスの緩和に役立つからです。

他にも一部上場企業の分析ができるサービスを提供しているところやリアルタイムの株価のお知らせサービスをスマートフォンのアプリなどで提供しているところ、新規公開株の取り扱いが他社より多いところなど、証券会社を選ぶポイントは多岐に亘ると言えるので、手数料だけとトレードツールだけに目を奪われずに総合的に利用しやすそうなところを選ぶのが大切だと言えます。証券会社の場合実際に利用してみるまでその良し悪しが分かりにくいといった面もありますので、口座開設や口座維持にお金がかからない証券会社を何社か利用した上で取引を集中的に行なうところを決めるのも悪い選択肢ではないと考えておいてください。

最終的にはネット証券も実店舗型の会社も2社か3社程度の口座を維持しておくことが好ましいのですが、インターネット上に存在している証券会社のランキングサイトを見て自身が特に注視すべきポイントを抑えている証券会社を選ぶのも賢い選択だと言えます。複数のポイントの中でも特に譲れない部分を予め定めておくと、口座開設がスムーズにいくため記憶しておくといいでしょう。

証券会社だけではなく、投資のアドバイザーである投資顧問を活用するのもありかもしれませんね。
>>> 投資顧問とは?