特定口座と一般口座の違いとは?

これから株式投資を始めようという方は、まず最初に口座開設の申し込みを行います。そこで、「特定口座」と「一般口座」と選択することになります。説明書きがあっても、なかなか難しい言葉ですよね。

株式投資では、利益が出た場合には利益に対して税金が掛かります。その税金を、会社の給料のように源泉徴収してくれる制度です。少し簡単な説明過ぎるので、特定口座の詳しい説明をします。

例を挙げると、株式投資で10万円の売却益が出たとします。しかし、この10万円には税金が掛かるのです。この時に特定口座を開設しておくと、証券会社が源泉徴収をしてくれるのです。そこで心配になるのが、損をした場合ですよね。損をしたのに税金を引かれたりするのでは、と考えてしまいますが、その心配はありません。損をした場合にはもちろん税金を引かれることはありません。

さらに、特定口座には便利な機能があるのです。それは、最初に10万円の利益が出た後に、5万円の損が出てしまった場合などです。この場合は、10万円の利益が出た時点で源泉徴収されますが、その後の5万円の損失が出た時点で、年間の利益額を再計算して、源泉徴収した余分な金額を返してくれるのです。これが損を重ねて年間トータルでマイナスになってしまうと、源泉徴収されたものも全額口座に戻ります。こういった事態はまったくうれしくありませんが、税金を引かれっぱなしということはありませんので、安心ですね。もちろん、最初に損をした後に利益が出ている場合は、年間でプラスになってから源泉徴収が始まります。

一般口座は、すべての取引を自分で把握し、自分で年間の損益を出して確定申告することになります。問題があるわけではありませんが、非常に面倒な作業です。年間の取引が少ない方は可能ですが、多い方は特定口座の開設をおすすめします。