証券会社の売買手数料の違い

個人投資家が株の売買を行なう際には、株の買い注文や売り注文を出す証券会社に対して売買手数料を支払う必要が生じます。株の購入金額や売却金額によって売買手数料は同じ証券会社でも異なるのですが、証券会社ごとに手数料の金額は設定されていることから、同じ株取引を行うにしても仲介を頼む証券会社を変えるだけで最終的な株取引にかかるコストも変わってくるのだということを、個人投資における基本的な知識として覚えておくといいでしょう。

証券会社の売買手数料は対面式証券なのかネット証券なのかによってかなりの違いがあると言えます。対面式の場合最も安い売買手数料でも数千円取られることが多いのですが、ネット証券の場合最安値なら数百円で済むため、一般的にはネット証券のほうが安い売買手数料で株取引が行なえるとされています。一日に何度も株取引を行なうといった方の場合、売買手数料の金額を抑えたほうが利益も増えるため、ほとんどのデイトレーダーがネット証券を利用しているといった傾向があるのです。

逆に対面式の証券会社は売買手数料が高い反面、所有している株に関する株価の下落や見通しを教えてもらえたり、今後値上がりが期待される銘柄の紹介などを行ってもらえます。中長期的に同じ株を保持して資産形成を図りたいという、長期投資型の個人株主にとって便利だと言えるでしょう。

株を購入する際には必ず売買手数料を支払う必要があるため、手数料の総額を上回るだけの利益が出て初めて売却を行うのが好ましいといったイメージを持っておくことが大切だと言えます。売買に5000円の手数料がかかるのに4000円分の株価の上昇で株を手放したら、結果として損をしてしまうということなので気をつけておいてください。

さて、どの株を購入して良いのかわからない?という方は、投資顧問に関する口コミをチェックして、ご自身にマッチングした投資顧問を頼ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です